サイトへ戻る

【政治教育調査報告】

リアルの選挙を活用した政治教育を!

2016年の参議院議員選挙以降、主権者教育はどのような状況になっているのか。国政選挙に加え、地方自治体での選挙や海外事例、主権者今日行く実践者へのヒアリングなどから、若者の政治参画を促すための取り組みを提言します

· 政治教育調査報告,主権者教育,18歳選挙権,シティズンシップ教育

けんみん会議では、教員ワークショップや国内外の選挙における若者の投票参加状況に関する調査研究を踏まえ、若者の政治参加を促す取り組みについて取りまとめました。

同報告書では、若者の一層の政治参画を促すためのポイント、取組として以下を提言しています。

是非ご参照ください

若者の政治参画を促すポイント

  • 若者たちの主権者意識向上を促すには生きた政治=リアルな政治・選挙情報に触れること」「政治家やほかの世代との交流」 。
  • 2019年の参院選に向けた取組は、実際の選挙の情報を取り扱った取り組みを推進すべき。
すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。